アイフル審査

MENU

「アイフルと言えば、テレビコマーシャルも頻繁に流れているので、名前だけは知っているという人も少なくありません。

 

「アイフル」は、アコムやプロミスと並び、大手消費者金融の一角をなすキャッシング業界の大手企業です。

 

キャッシング業界は、貸金業法の改正で大きく変化し、「プロミス」や「アコム」のような大手は、銀行グループの傘下に入りましたが、唯一専業大手として残っているのが「アイフル」です」そのような「アイフル」は独自のサービスを提供しており、口コミなどでも評判がよく、ランキングサイトでも常に上位に位置している大手消費者金融です。

 

「アイフル」には多くの商品が用意されているので、自分の環境に適した商品が選べるので、キャッシングを始めたい時は、「アイフル」も選択肢のひとつとして考えてみてはどうでしょうか。

 

アイフルのおすすめポイント

インターネットでカードローン比較のホームページを覗いてみると、オススメ度ランキングの上位に「アイフル」が入っているサイトを多く見かけます。

 

人気の大きな理由として、審査から融資までの速さが上げられますね。申込みから審査回答まで最短即日回答は当たり前の時代になってきました。現在では、最短30分で審査回答が最速です。

 

「アイフル」も最短30分で審査回答が知らされますが、更に最短60分での融資が可能です。このスピード感がオススメ度ランキング上位の理由だと言えるでしょう。

 

 

「アイフル」のおすすめポイントは、最短30分審査60分融資という即日融資だけではありません。「アイフル」に申込んでも審査に通るかどうか不安が有る人は、「アイフル」のホームページにアクセスすると、「1秒診断」で申込前診断が受けられます。

 

年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を入力し「診断開始」をクリックすると瞬時に審査結果が表示されます。ただし、あくまでも事前診断なので、結果がどうであれ、本審査に影響するというものではありませんが、審査に通るかどうか不安な方はこちらで試してみる事で不安を解消する事が出来ます。

 

そのほかにも無人電話ボックス「てまいらず」や郵便物の受け取り時間を指定できる「配達時間えらべーる」といった利用者に出来るだけ負担が掛からないようなサービスが用意されています。

 

無人電話ボックス「てまいらず」は利便性が高く、電話をするだけで、審査からカード発行までが行われるので文字通り「手間いらず」で手続きが完了します。

 

契約ルームに備付けの電話からオペレーターへ電話をかけ、指示に従って申込書に記入し、本人確認書類とともに備え付けのスキャナーでスキャンし、送信するだけです。その場で審査が開始され、続いて審査結果が告知された後、カード発行、契約書に署名したら完了です。「てまいらず」は、朝8:00から夜22:00まで営業しており、カード発行も22時まで可能なので、会社帰りでも余裕で受け取る事ができます。

 

「配達時間えらべーる」はこちらが指定した時間帯に、ご自宅でカードが受け取れる宅配便サービスです。「えらべーる」は本人限定配送なので郵便物が原因でキャッシングがばれるという心配もありません。

 

取扱商品が多いのもアイフルの魅力

「アイフル」の金融商品は、個人向けのキャッシングローン以外にも数多くの商品が用意されています。

 

現在の借入先から低金利の業者に乗り返る際に役立つ「かりかえMAX」や、複数の業者からの借入をしている方が、借入先を1社にまとめる為の「おまとめMAX」などがあります。

 

そのほかにも、女性専用のカードローン「SuLaLi」や、年齢が23歳以上で一定の年収がある人を対象にした「ファーストプレミアム・カードローン」、日常生活の中で、様々なシーンに合わせた融資パターンの「目的別ローン」など目的に合わせた商品が選べるのも「アイフル」に人気が有る理由のひとつになっています。

 

更に、事業者向けの「事業サポートプラン」も用意されており、個人プランや法人プランなど事業形態に応じた融資プランも完備されています。

 

アイフルは総量規制の対象

銀行に比べて消費者金融は審査が通り易いので、比較的気軽に借入をすることができます。どれだけ借りられるかは審査で決まりますが、基本的には総量規制の制限から、融資限度額は年収の3分の1以内という制限が有るので、他社で借入が有る場合は、その借入金額と「アイフル」での借入希望額が年収の3分の1を超える借入は出来ません。

 

「アイフル」のホームページにも申込み前の「1秒診断」は「年収」と「他社借入金額」を記入するシステムになっていますし、ここをクリアしなければ、アイフルで融資が受けられません。

 

アイフルの審査に通らない人

「アイフル」は大手消費者金融の中でも、比較的審査が通りやすいと言われています。だからと言って、申込をすれば誰でも借りられるものではありません。

 

はっきりわかっている事は、以前に債務整理をした方や、他社借入で延滞を起こした事が個人情報に記載されているというような金融事故を起こした経験のある方は申込をしても審査に通るのは厳しくなります。

 

案外見落としているのは、クレジットカードの返済や、スマホの返済を滞っていたという方でこれらの返済金額も対象になっているので、遅延や延滞が有るのなら「アイフル」へ申込む前に返済を済ませておきましょう。